一生涯ミッドシップスポーツ・・の寄り道?~アウディ・TT~

ミッドシップスポーツに魅せられてしまった☆ケンタ☆のブログ。 気に入った記事には「拍手」ボタンをポチっとな♪ リンクは自由です。http://が禁止ワードになっています。コメントの際は注意してください♪

EVC-S・セッティング&ファーストインプレ

P1020035_convert_20130310141205.jpg
夜間はこんな感じ。ステアリングコラムが水平じゃないから、カッチリと取り付けられていないのだけどボディの軽量さとクリックの軽さがあるため特に問題なし。
照明は明るさ調整や減光はできないけど、まぶしさはさほど気になりません。時計よりちょっと明るいくらい。

では、セッティングしていきましょう。


まず、初期設定。目標値より若干高めのブースト圧をワーニング設定。
とりあえず、どの程度ブーストが掛かるか不明なのでエンジン保護のためにワーニングは設定しておきます。

全開するとストック状態で1,0ちょっと掛かるようです。MAXで1,0をベースにセッティングしていくことにしました。



EVC-Sのブースト制御モード

オフセット値 設定範囲は10~100%
数値を高くするとブースト圧が上がり、低くするとブーストが下がる。初期値は10%

レスポンス値 設定範囲は10~100%
数値を高くするとブーストの立ち上がりが早くなり、低くすると遅くなる。数値が高過ぎるとオーバーシュートやハンチングが起きやすくなる。初期値は20%

オーバーブースト値
ソレノイドバルブが作動するブースト値を設定できる。目標ブースト圧付近までこの数値を合わせると立ち上がりが早くなる。数値を高くし過ぎるとオーバーシュートが出やすくなる。初期値は50kPa

ワーニング値
ワーニング値を超えるとワーニング動作を行う。初期値は80kPa

ドロップ値 設定範囲は0~100%
ワーニング値を超えるブーストになると、オフセット値からドロップ値分ブーストを下げる。


・Aモード、Bモードと二つに分けてセッティングできる




機能はこんな感じです。オフセット値は初期値の10%で、すでに目標ブーストを超える数値までブーストが上がってしまいました。通常は目標ブースト達成までこの数値を上げていくことになるのですが。数値を下げてもブーストは大して下がらず、1,0あたりまで上昇していきます。
下げられないのならこの数値を目標に詰めていくことにしました。

まず、レスポンス値を上げてみました。数値を上げていくと確かにブーストの立ち上がりが鋭くなります。ブースト計で目標値にワーニングランプを点灯するようにしてアクセル全開。フルブーストまでのタイミングを見ます。すると数値を上げていくとフルブーストまでのエンジン回転数が徐々に低い数値になってくるのが分かりました。より低回転でフルブーストまで立ち上がるようになります。

続いて、オーバーブースト値を弄ってみます。分かりやすく書くとバルブが仕事し始める数値の設定です。つまり例えば0,9(90kPa)と設定すると、そこまで制御は入りません。アクチュエーターの圧力が0になり、タービン性能をフルに引き出します。0,9を超えて始めて制御に入ります。このため目標ブースト値と同じ数値で設定すると目標値を超えて制御に入るわけですから、制御に入るまでの間に思いっきりオーバーシュートします。なので、目標ブーストより気持ち下げてあげないといけません。
この機能の効果は絶大でブーストの立ち上がりが驚くほど早くなります。ブースト計の針が見たことないスピードで動きます。あっという間にフルブースト。オーバーシュートの出ない範囲を探りながら高めていきます。

P1020032_convert_20130310162435.jpg
レスポンス値 45% オーバーブースト値 85kPa

この数値でも瞬間的にかなりハイブーストになってしまいました。90kPaまで上げると1,3くらいまでブーストが上がりました(笑)低いギアで一気に加速すると制御が追いつかず上がってしまう感じです。瞬間的なオーバーシュートなら加速のエッセンスと捉えて許容してもいいのですが、ちょっと数値高過ぎですね。

速さ的には信じられないほど速いです。以前まではアクセル全開で0,7辺りからゆっくりピークの1,0まで上がっていく感じでした。今回は踏んだら瞬時に1,0。瞬間的に1,1から1,2弱程度までオーバーシュートして目標値に落ち着きます。パワー・レスポンス共に以前とはまるで違いますね。ちょっと変わったかな?じゃなくて全然違います。これは凄い。今までの乗り方だとリアが破綻しちゃうくらい瞬時にパワーが出ます。いいレスポンスだー。これは速いですよ。ブーコンでここまで変わるなんて知らなかった。1速の全開なんて今までは0,7くらいしか掛からなかったのに、1,1くらい掛かります。今まで体感したことない加速ですねー。もうちょっと低めの数値で安定してくれるように設定してみますけど。

ブースト制御機能をオフにするモードもあるので、途中オフモードに切り替えてみました。ブーストの立ち上がりがかったるく感じますね。いつまでもダラダラ回っている感じです。今までのフィーリングと一緒です。こんなので乗っていたんだなぁ。あのハイレスポンスを体感しちゃうともうノーマルには戻れません。

機械的に危なくない範囲で弄っていくと、とてもコストパフォーマンスの高いパーツですね。ミッドシップターボの獰猛さがモロに出てしまいますけどね(笑)運転がさらにシビアになりました。でも楽しいからOKです(笑)

関連記事
  1. 2013/03/10(日) 17:00:31|
  2. チューニング&車いじり【MR2】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夜ドラ | ホーム | 【HKS】 ブーストコントローラー・EVC-S取り付け 【MR2】>>

コメント

ご無沙汰です。
先日、サーキットアッタク行って来ました。
高低差のある所なのですが明らかなパワー不足に見舞われました。ブーストが2速で0・7位しかかかりませんでした。(単に自分が遅いだけなのですが)
という訳でEVC-S俺も入れさしてもらいますのでよろしくお願いします。
  1. 2014/03/25(火) 18:16:03 |
  2. URL |
  3. シルバーのMR2 #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

お疲れ様でした。エントリーしようと思っていたのですが、結局行きませんでした^^;
ブースト0,7だとちょっと低いですね。ブーコンなしのときは踏んだ瞬間はソレくらいしかブーストが掛かりませんでした。
EVC-Sにしてから明らかにブーストの立ち上がりが速いのでご機嫌です^^
シンプルなので設定に迷うことも少ないと思いますので、是非取り付けてみてください。
  1. 2014/03/26(水) 20:27:05 |
  2. URL |
  3. ☆ケンタ☆ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentazzw30.blog52.fc2.com/tb.php/1354-c35ad1e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

☆ケンタ☆

Author:☆ケンタ☆
MR-SからMR2へ乗り換え。
MR2のチューニング、メンテナンス、その他MR2のドライビング等。ミッドシップにしかない魅力、世界観は確実に存在します。
群サイこと群馬サイクルスポーツセンターにて開催される峠アタックにも参戦中。ミッドシップターボで峠を全開で走る。こんな刺激的なことはないでしょう(笑)

前愛車のMR-Sのチューニング・メンテナンス内容、ツーリング他の内容も掲載中。
最近、写真にも凝ってます。Nikon D7200 で撮りまくり!

追記・アウディ TTクーペ 3,2クワトロに乗り換え。
初のAWDを経験中。ミッドシップスポーツ最高という信念を残したままAWDという駆動方式を評価していきます。

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

スポンサードリンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

スポンサードリンク

月別アーカイブ

月別アーカイブ選択

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

☆★ポチっとな♪☆★(⌒▽⌒) 一日一回押すとイイことあるかも(*^-^)ニコ  みんなの力で順位をあげよう!