一生涯ミッドシップスポーツ・・の寄り道?~アウディ・TT~

ミッドシップスポーツに魅せられてしまった☆ケンタ☆のブログ。 気に入った記事には「拍手」ボタンをポチっとな♪ リンクは自由です。http://が禁止ワードになっています。コメントの際は注意してください♪

3S-GTEの出力特性

p133s.jpg
MR2ターボの心臓部・3S-GTE

古臭いエンジンですが、耐久性には定評のあるエンジンです。


p133sst.jpg
出力特性です。
6000回転でピークパワーを発揮しています。トルクに注目してみるとピークを境にガクンと落ちています。これが6000からの頭打ち感を感じさせてしまいます。ベタな言い方をするとただ回っているだけ。4000から6000までの加速感が凄いだけに一瞬「え?」っていうような失速感すら感じます。ピークまでトルクを落とさないのは無理ですが、もう少しなだらかに落ちるトルク曲線を描ければ、ドライバビリティは大幅に向上すると思われます。

だからといって、トルクが落ちてくる6000付近でシフトアップしたほうがいいのかと言ったら少し違います。シフトアップしたときの回転数の落ち込みも計算に入れないといけません。シフトアップしてパワーバンドを外すようじゃトータルの加速力は落ちます。最大トルクは4000で出ていますが、最大パワーは6000で出ていることを忘れてはいけません。意地でもレブまで回す必要もないですが、早すぎるシフトアップは勿体無いです。




p133sna.jpg
ターボだけじゃあれだからNAも。これはⅤ型です。VVT-i搭載のエンジンです。
VVT-i(Variable Valve Timing-intelligent system) 可変バルブタイミング機構です。

もしVVTL-iだったらVTECキラーに成りえたのではないかと妄想してしまいます。


p133snas.jpg
出力特性。
いいカーブですね。トルクがピークを過ぎてもなだらかに落ちています。高回転まで気持ちよいと思います




engine-performance.gif
ついでに比較用のS2000・F20Cエンジンです。レブリミットの9000回転までトルクの落ち込みは少なく、5000過ぎのハイカム領域からグンとトルクが上昇しています。レブまで衰えずに回るエンジンは例えパワーがなくても、気持ちのいいエンジンだと感じられるはずです。これは十分ハイパワーですけどね。


エンジンはその車を印象付ける最も大きな要素です。自分のエンジンを知って、長所を伸ばすのか。はたまた短所を補うのか。気持ちいいエンジンになれば運転も楽しくなりますね。

関連記事
  1. 2013/05/18(土) 04:37:22|
  2. 車関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デッドニングをするの巻 | ホーム | NEWモニター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentazzw30.blog52.fc2.com/tb.php/1397-ecb0a352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

☆ケンタ☆

Author:☆ケンタ☆
MR-SからMR2へ乗り換え。
MR2のチューニング、メンテナンス、その他MR2のドライビング等。ミッドシップにしかない魅力、世界観は確実に存在します。
群サイこと群馬サイクルスポーツセンターにて開催される峠アタックにも参戦中。ミッドシップターボで峠を全開で走る。こんな刺激的なことはないでしょう(笑)

前愛車のMR-Sのチューニング・メンテナンス内容、ツーリング他の内容も掲載中。
最近、写真にも凝ってます。Nikon D7200 で撮りまくり!

追記・アウディ TTクーペ 3,2クワトロに乗り換え。
初のAWDを経験中。ミッドシップスポーツ最高という信念を残したままAWDという駆動方式を評価していきます。

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

スポンサードリンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

スポンサードリンク

月別アーカイブ

月別アーカイブ選択

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

☆★ポチっとな♪☆★(⌒▽⌒) 一日一回押すとイイことあるかも(*^-^)ニコ  みんなの力で順位をあげよう!