一生涯ミッドシップスポーツ・・の寄り道?~アウディ・TT~

ミッドシップスポーツに魅せられてしまった☆ケンタ☆のブログ。 気に入った記事には「拍手」ボタンをポチっとな♪ リンクは自由です。http://が禁止ワードになっています。コメントの際は注意してください♪

BNR32とSW20

IMG_7445hj.jpg

IMG_7444hj.jpg

この2台の登場時期は同じ1989年。
ある意味この2台は衝撃のデビューでした。

GT-Rの復活。第二世代GT-Rとしてこの世に誕生し、時代に旋風を巻き起こし数々の伝説を残した名車。

そして国産初のミッドシップ初代MR2・AW11のフルモデルチェンジとして登場したSW20。通称1型。ハンドリングの評価は最低と言っていいほどの酷評を受けてしまった迷車。その後マイナーチェンジを経て国産最強を狙える位置まで巻き返してくるのですが。


R35GT-RよりR32のほうがしっくりくるという人は少なくないでしょう。自分の過ごした青春時代の車が指標になります。それ以外の時代の車はピンと来ない。どこか否定的な目で見てしまいがちですよね。

R32GT-Rは当時としては非常に重い車体を持っていました。さらに複雑に制御された4WD。高額な車両価格。運転する楽しさがあるのか?とか思った人は多いでしょう。でも結果的に世の中に受け入れられ稀代の名車になったわけです。GT-R復活前は外車に太刀打ちできる国産車はありませんでした。低いスピードレンジならまだしもハイスピードレンジになるとその性能差は圧倒的でした。スピードの生息域の違いをまざまざと見せ付けられてしまいます。R32がデビューし初めてハイスピード域を生息域とする外車に対して対等に戦えるようになります。フェラーリやポルシェと張り合える日本車を当時誰が想像したでしょう。

IMG_2067.jpg
そして時代は流れ、R35GT-Rの誕生です。R35GT-RについてもR32に負けないほどの衝撃デビューだったと思います。重たい車体、ハイテク4WD、高額な車両価格。あれ?R32と一緒ですね(笑)時代を変えるほどの強烈な速さは否定のしようがないです。あまりの速さにポルシェがメディアに正式にクレームを出しました。R32でポルシェと並び、R35でポルシェを越える。やはりGT-RはGT-Rですね。どの時代に生まれても旋風を巻き起こす凄いやつです。Rのエンブレムを持つものの使命なのでしょうか。
IMG_1881.jpg

関連記事
  1. 2013/10/01(火) 22:58:12|
  2. 車関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エンジンオイル 【モービル1 0w-40】 | ホーム | 本庄へふらふらと。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentazzw30.blog52.fc2.com/tb.php/1459-e4362b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

☆ケンタ☆

Author:☆ケンタ☆
MR-SからMR2へ乗り換え。
MR2のチューニング、メンテナンス、その他MR2のドライビング等。ミッドシップにしかない魅力、世界観は確実に存在します。
群サイこと群馬サイクルスポーツセンターにて開催される峠アタックにも参戦中。ミッドシップターボで峠を全開で走る。こんな刺激的なことはないでしょう(笑)

前愛車のMR-Sのチューニング・メンテナンス内容、ツーリング他の内容も掲載中。
最近、写真にも凝ってます。Nikon D7200 で撮りまくり!

追記・アウディ TTクーペ 3,2クワトロに乗り換え。
初のAWDを経験中。ミッドシップスポーツ最高という信念を残したままAWDという駆動方式を評価していきます。

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

スポンサードリンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

スポンサードリンク

月別アーカイブ

月別アーカイブ選択

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

☆★ポチっとな♪☆★(⌒▽⌒) 一日一回押すとイイことあるかも(*^-^)ニコ  みんなの力で順位をあげよう!