一生涯ミッドシップスポーツ・・の寄り道?~アウディ・TT~

ミッドシップスポーツに魅せられてしまった☆ケンタ☆のブログ。 気に入った記事には「拍手」ボタンをポチっとな♪ リンクは自由です。http://が禁止ワードになっています。コメントの際は注意してください♪

【車載動画】 CUSCO HYPER 峠アタック’13 最終戦 

IMG_7832tugf.jpg
ついにファイナルラウンド。波乱の最終戦はフルコース2本アタックです。

本番はゼッケン順に整列。MR2はラストゼッケンなので最後尾。練習走行をそこそこに抑えてエンジンを冷やしておいて、整列時もエンジン停止しておく。今回はパイロンの間隔が非常に狭いのでタッチに注意。主催者の意地悪な味付けである(笑)実際アタック中もパイロンタッチで沈む猛者が多数。自分も気をつけなければ。練習走行時に吹っ飛ばしたし。


まずは一本目。



・よく分かる解説ー。
とりあえずパイロンシケイン進入のブレーキだけ気をつけること。あとは路面も良いし特に心配なし。
スタートして先の見えない下り坂に突入。ギャップに注意して3速全開。一気に下るのが気持ちいい。次の左の路面陥没コーナーを慎重にクリアして、橋を越えて激坂下りブレーキング。ブレーキには余力があり、下り始めてからでもブレーキが間に合うのが凄い。軽量なMR-Sよりも突っ込めている。ABSのおかげ。そしてZ2のグリップ力も凄い。冷間時からこれほどグリップするのはR1R以来だ。R1R最強伝説は最早過去のものとなった。安心感高し。
ヘアピンではアンダーが強く、フロントグリップのキャパを越えてしまう。スピードを落として向きをしっかり変えていく。2速で立ち上がるのでターボラグや回転数不足を補うように気持ち早めにアクセルを開ける。この車のエンジン特性は3000回転からトルクが立ち上がり4000回転で実用パワーが出てくる。実戦では正直4000回転以下は使えない。フロントタイヤのキャパギリギリで旋回中のため、タイミングが早いと猛烈なプッシングアンダーが出るので注意する。
ここから旋回区間突入。昔、苦しんだアンダーステアはもう出ない。グッドハンドリング。しっかりフロントを使えばドライバーを裏切ることはなし。そこから連続S字区間。唯一の苦手区間。瞬時の切り返しが遅く姿勢が変わらないのでスピードを落として待つしかない。
橋の欄干手前、第一パイロンシケインまでの加速区間。上って曲がって下ってと荷重変動が起きやすく、さらにシフトアップポイントも加わるので姿勢を乱さないようにする。3速全開から4速へ。
パイロンシケイン進入。早めにブレーキングして2速で立ち上がる。いや、しかし狭い。どっこいしょと立ち上がり高速区間へ。
3速高回転、140キロから150キロ辺りで思いっきり下ってさらに上り返す。前後左右上下の強烈なGが襲う。アクセルからブレーキへの足の移動が正確にできないほど強烈なG。ホールド性の低いシートなんかじゃ踏ん張れない。
ギャップが多い高速コーナーへ。GTウイングの恩恵が一番大きい区間。外にはらまないでしっかり下に押さえつけてくれる安心感は大きい。ギャップ区間を越えれば得意の連続高速コーナー。シャープに入るフロントとどっしりと安定したリアのミッドシップならではの挙動を楽しめる。何も文句なし。最高。
織戸コーナー上り。トラクション抜けで急激に挙動を乱し易いので丁寧に。そこからダラダラ旋回区間。
フロントの入り良好。ほんとに昔悩んでたアンダーステアはなんだったのか。フロントだけでノーマルより30kg軽くなっているがネガな部分は全くない。
二重ガードレールコーナーを立ち上がりパイロンセクション2へ。ここは練習でパイロンを吹っ飛ばしたので注意。ブレーキングポイントの路面が非常に悪い。強烈な振動のせいでメーターがリセットされてしまったのが動画で分かる。制動距離はかなり伸びる。ABSがない或いは性能の低いABSだと、ここのブレーキはもう抑えるしかない。
2速でシケインを立ち上がる。立ち上がりでは1速を使いたいところだけどミスをするリスクを考える必ずしも得策ではない。飯田章コーナーをクリアして最終パイロンシケイン。ここの出口で致命的なスピードコントロールミスを犯す。タッチだけは避けようと車を大振りした結果、芝生ゾーンに半車身飛び出してしまった。片輪が芝生の上だがアクセルは離さず加速する。思ったよりグリップするんだな芝生って。なんちゃって。
最後のパイロンターンはサイドを引いて派手目にクリア。そしてゴール。


この時点で暫定1位。だけど2位との差はコンマ7秒程度とほとんどリードなし。2本目が正念場になる。


そして2本目。
出走待ちの間に聞こえてきたアナウンスでタイムが聞こえてくる。2秒以上タイムアップしてきたらしい。ということはこちらも1,5秒以上タイムを削らないと逆転負けということになる。なんてこった。こちらはもう余力がない。でも、できることはやってみようと気持ちを準備してスタートラインへ・・。
その矢先、なんと出走10秒前にコーストラブルでストップをかけられてしまった。せっかくスタートに集中していただけに気持ちが・・。

10分から20分くらいは待っただろうか。ようやく再スタート。しかしコース上にラジエーター液が横断してしまっているらしい。詳細な場所が分からないだけに思い切って走れない。でも仕方がない。タイヤも冷えてしまったし、無理せず行くしかない。そう思い全開スタート。
クラッシュした近く(動画1:10秒辺り)にいくと確かにコース上に液体が横切っている。少し抑えたつもりだけどオーバーステアが出てカウンターを当ててしまった。でもこれはミスによるところが大きく、路面のグリップはさほど変化はしていない。目いっぱい走ったつもりだけど1本目よりコンマ5秒程度遅くなってしまった。そして結果は2位。

というある意味充実した最終戦でした。おかげでゴールしたときは頭痛が発生していましたよ(笑)
シリーズポイント的にはクラス優勝でした。参加しつづけて、さらに堅実に走ることで勝てるということでしたね。生き残ることが最強であることを証明できました(笑)でもちょっと危ないシーンもありましたが^^;

いやー久しぶりにチョー集中しました。ガチバトルも面白いですね。来年も楽しみたいと思います。ありがとうございました。

IMG_7848tugf.jpg

関連記事
  1. 2013/11/04(月) 19:53:15|
  2. 車載動画【MR2】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【フォト】 峠アタック’13 最終戦 | ホーム | 峠アタック’13・最終戦 無事終了。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentazzw30.blog52.fc2.com/tb.php/1479-3a1d68d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

☆ケンタ☆

Author:☆ケンタ☆
MR-SからMR2へ乗り換え。
MR2のチューニング、メンテナンス、その他MR2のドライビング等。ミッドシップにしかない魅力、世界観は確実に存在します。
群サイこと群馬サイクルスポーツセンターにて開催される峠アタックにも参戦中。ミッドシップターボで峠を全開で走る。こんな刺激的なことはないでしょう(笑)

前愛車のMR-Sのチューニング・メンテナンス内容、ツーリング他の内容も掲載中。
最近、写真にも凝ってます。Nikon D7200 で撮りまくり!

追記・アウディ TTクーペ 3,2クワトロに乗り換え。
初のAWDを経験中。ミッドシップスポーツ最高という信念を残したままAWDという駆動方式を評価していきます。

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

スポンサードリンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

スポンサードリンク

月別アーカイブ

月別アーカイブ選択

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

☆★ポチっとな♪☆★(⌒▽⌒) 一日一回押すとイイことあるかも(*^-^)ニコ  みんなの力で順位をあげよう!