一生涯ミッドシップスポーツ・・の寄り道?~アウディ・TT~

ミッドシップスポーツに魅せられてしまった☆ケンタ☆のブログ。 気に入った記事には「拍手」ボタンをポチっとな♪ リンクは自由です。http://が禁止ワードになっています。コメントの際は注意してください♪

ブースト圧の追従

今まで全く気が付かなかった症状を感じています。高速域でのアクセルワークは通常より緻密かつわずかなストローク量でのコントロールが必要になります。そこでのブースト圧の追従の仕方に少し悩まされています。
具体的に言うと、フルスロットル手前からわずかにリリース、そして踏む。というような単純なオンオフではない操作になります。ブースト圧が最大に立ち上がる手前で抜いてまた踏む。このような操作方法をすると、抜けたブースト圧が立ち上がらない場合があります。抜けたら抜けっぱなし。アクセルを踏み込んでも最大ブースト圧になるまで一定時間掛かってしまいます。何が悪さをしているのだろうかと考えています。ブーストコントローラーの制御なのかブローオフの過給抜けなのか。はたまた違う場所に原因が潜んでいるのか。
ターボラグとかそうゆうものではない、困った事象です。サーキットなどでは意外とオンオフ的な操作なので、さほど緻密なアクセルワークをしているわけではありません。踏むときは踏む。踏まないときは踏まない。メリハリのある操作です。なので、今までこの症状に気が付かなかったのですね。機械的なトラブルではなさそうなので、少し様子を見ながら原因を探っていきます。まずはブーストコントローラーのセッティングを変更しながら走ってみます。・・でもブローオフのような気がしてなりません^^;・・というかそうであって欲しいという願望です。HKSのアレにしてみようかなぁ。

NAだとこんな悩みは皆無なのですが、ターボはこうゆう繊細なアクセルワークは弱いですね。今時の車ではありませんし。一応レスポンスはしてくれるのですが、必要なパワーが瞬時に出るわけではなく、構造的なタイムラグが必ず発生します。タイトでツイスティな場所ではNA相手にどんどん車間距離が開いてもどかしい思いをするわけです。しかし、ターボにしかない魅力も当然ありますので、だからターボが嫌いとかNAがいいという話にはなりません。
超ハイレスポンスなターボがあれば最高じゃないかと考えがちですが、あの強烈なトルクが瞬時に立ち上がったらスタビリティの確保に苦労しそうです。ターボラグはある意味あったほうがいいのですよね^^;

ということで今回の症状は改善の余地ありです。色々試してみましょう。

関連記事
  1. 2014/03/06(木) 00:02:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<HEROしのいサーキットに行ってきました。 | ホーム | エアフィルター交換 【HKS】 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentazzw30.blog52.fc2.com/tb.php/1554-61c46b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

☆ケンタ☆

Author:☆ケンタ☆
MR-SからMR2へ乗り換え。
MR2のチューニング、メンテナンス、その他MR2のドライビング等。ミッドシップにしかない魅力、世界観は確実に存在します。
群サイこと群馬サイクルスポーツセンターにて開催される峠アタックにも参戦中。ミッドシップターボで峠を全開で走る。こんな刺激的なことはないでしょう(笑)

前愛車のMR-Sのチューニング・メンテナンス内容、ツーリング他の内容も掲載中。
最近、写真にも凝ってます。Nikon D7200 で撮りまくり!

追記・アウディ TTクーペ 3,2クワトロに乗り換え。
初のAWDを経験中。ミッドシップスポーツ最高という信念を残したままAWDという駆動方式を評価していきます。

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

スポンサードリンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

スポンサードリンク

月別アーカイブ

月別アーカイブ選択

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

☆★ポチっとな♪☆★(⌒▽⌒) 一日一回押すとイイことあるかも(*^-^)ニコ  みんなの力で順位をあげよう!