一生涯ミッドシップスポーツ・・の寄り道?~アウディ・TT~

ミッドシップスポーツに魅せられてしまった☆ケンタ☆のブログ。 気に入った記事には「拍手」ボタンをポチっとな♪ リンクは自由です。http://が禁止ワードになっています。コメントの際は注意してください♪

エンジン搭載位置!

007_o.jpg
その車を印象付ける最も重要な要素がエンジンだ。そしてそのエンジンをどこにどう搭載するか?これもまた車のキャラクターを決める重要な要素なのであーる。

ということで、色んな車の透視図などを集めてみました。

※無論、自分が書くのだからミッドシップ贔屓である(笑)



p125b.jpg
一枚目はケイマン、二枚目はボクスター。
共に元々低重心な水平対向エンジンをドライサンプ化してミッドに搭載。ミッドシップスポーツカーとして最も優れたバランスを持つ車の一つである。

20140427-00000011-wordleaf-000-view.jpg
こちらは911。思いっきりオーバーハングにエンジンを吊るしている。トラクションは優れているが、どう考えてもスポーツカーとして正しい姿ではない。だけどポルシェの意地とプライドで一級のスポーツカーに昇華。世界中のスポーツカーが目指すベンチマーク的存在。

large-19.jpg
ホンダ・NSX
横置きV6。レイアウト上、重心と左右バランスに難あり。しかしタイプRの速さは世界中に衝撃を与える。

b0074262_5222892.jpg
1200207439_f.jpg
マツダ・AZ-1
ガルウイング、2シーター、ミッドシップターボ。軽自動車界のスーパーカー。
軽自動車ならではの小さく低いパッケージは数値的にも非常に低重心。

1200206988_f.jpg
ランチア・ストラトス
横置きV6。超ショートホイールベース。安定性を捨てた旋回性能特化型。

20100224R8.jpg
アウディ・R8
縦置きV8&V10。ミッドシップAWD。ミッドシップの回頭性とAWDの安定性を併せ持つ。アウディのお家芸・クワトロシステム。
ちなみに基本ベースはランボルギーニ・ガヤルドと同じ。ムルシエラゴとガヤルドが兄弟ならR8は従兄弟かな。

20141012-00000017-wordleaf-165ede79a8fe5aef1191475054a6b454f.jpg
ホンダ・S2000
フロントミッドシップFR。制約の多いミッドシップでは実現不可能なバランスをフロントエンジンで実現。専用設計だらけのホンダイズムが具現化したような車。

09_px450.jpg
マツダ・RX-7
フロントミッドシップFR。コンパクトなロータリーエンジン搭載。しかしロータリーエンジンはコンパクトであるが、意外と重く、重心が高い。遠心力によるジャイロ効果うんぬんというデメリットも少なからずあるらしい。

20141012-00000017-wordleaf-03be60b17a0de0f19115aa84c047ead9c.jpg
マツダ・NDロードスター
フロントミッドシップFR。フロントミッドシップ、ライトウェイト、2シーター、オープン、ダブルウィッシュボーン。ドライビング好きがそそられる言葉ばかり。正式発表前から食指が動きっぱなし。

036_o.jpg
日産・フェアレディZ(Z34)
フロントミッドシップFR。大排気量V6搭載。先代Z33より全長が短くなりショートホイールベース化。そして全幅拡大。ずんぐりしてしまった印象。

38_8.jpg
86&BRZ
フロントミッドシップFR。水平対向エンジンで低重心化。スポーツカー不遇の時代に一石を投じる次世代FRスポーツの雄。

389B03F6-286D-11E1-A039-F9DDFEDA975F_l.jpg
スズキ・カプチーノ
フロントミッドシップFR。ABCトリオの中では最も重心が高い。しかし、最軽量。700kgという驚異的な車重は今になってより輝きを増す。

1407.jpg
ロータス・エリーゼ
直4横置き。ザ・ライトウェイトスポーツ。最初期モデルの車重の公表値は700kgを切る690kg。現在のスタンダードモデルは約900kgと重くなってしまったため、軽量なS1エリーゼの魅力が光る。

p12bb.jpg
最後に申し訳程度にMR2
別段、重心が高いってほどでもない。低くもないけど。低いノーズがよりリアの腰高感をイメージされてしまう。
ミッドシップであるが故に強大なライバル達と比較され、不遇な目に遭ってきた車。過激化するパイパワー戦線に身を投じ、ついにシャシー性能の限界を超えてしまう。そんな負のスパイラルから脱出すべく後継のMR-Sではライトウェイトオープンカーへと路線変更する。売りであるはずの「ミッドシップ」という言葉が最後まで自分自身を苦しめてしまったのである。


関連記事
  1. 2014/10/31(金) 22:17:29|
  2. 車関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ちょっとだけガラスコーティング | ホーム | 次期型NSX>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentazzw30.blog52.fc2.com/tb.php/1672-d9ff2e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

☆ケンタ☆

Author:☆ケンタ☆
MR-SからMR2へ乗り換え。
MR2のチューニング、メンテナンス、その他MR2のドライビング等。ミッドシップにしかない魅力、世界観は確実に存在します。
群サイこと群馬サイクルスポーツセンターにて開催される峠アタックにも参戦中。ミッドシップターボで峠を全開で走る。こんな刺激的なことはないでしょう(笑)

前愛車のMR-Sのチューニング・メンテナンス内容、ツーリング他の内容も掲載中。
最近、写真にも凝ってます。Nikon D7200 で撮りまくり!

追記・アウディ TTクーペ 3,2クワトロに乗り換え。
初のAWDを経験中。ミッドシップスポーツ最高という信念を残したままAWDという駆動方式を評価していきます。

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

スポンサードリンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

スポンサードリンク

月別アーカイブ

月別アーカイブ選択

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

☆★ポチっとな♪☆★(⌒▽⌒) 一日一回押すとイイことあるかも(*^-^)ニコ  みんなの力で順位をあげよう!