一生涯ミッドシップスポーツ・・の寄り道?~アウディ・TT~

ミッドシップスポーツに魅せられてしまった☆ケンタ☆のブログ。 気に入った記事には「拍手」ボタンをポチっとな♪ リンクは自由です。http://が禁止ワードになっています。コメントの際は注意してください♪

【試乗】 NDロードスターを駆る!

今更感がものすごいですが、気まぐれで試乗してきました。天気も心地よいし、オープンカーいいよね。あ、試乗しよう!そんな流れです(笑)

IMG_2518mb.jpg
店長さんの粋な計らいで、1時間ほど自由に乗ってきてくださいとのこと。「この手の車は楽しむものですから^^」と。ありがとうございます!

お言葉に甘えてオープンで走り出し、とりあえず近所の公園へ。

IMG_2512mb.jpg
クラッチとブレーキを踏みこんで、エンジンスタートボタンを押すとエンジン始動。演出でしょうか、2千回転くらいまでバオン!を回って始動します。かっこいいですね^^
試乗車はSスペシャルパッケージで6MT。一番の売れ筋モデルですね。やはりCVTよりMTのほうが売れているんだそうです。ですよねー。めちゃくちゃ楽しいですもの。
内装は豪華ではないけど、チャチくもない。いいところですね。マツダコネクトのモニターも思ったより視界の妨げにならず良かったです。ナビやエアコンの操作感もよく、実用性も含めてよくできていると思います。
幌の開け閉めも超簡単!頻繁に開け閉めしちゃいました。幌の内装も静粛性もかなり高いと思います。よくできてますね。


IMG_2513mb.jpg
ボディと同色のドアパネル。かっこいいです。

IMG_2523mb.jpg
130馬力の1500ccエンジン。ボディの軽さとトルク特性でしょうか。パワー不足は感じない軽快な走りです。

IMG_2520mb.jpg
後姿。歴代ロードスターとは一味違うルックスですよね。

IMG_2531mb.jpg

さて、肝心のドライブフィールです。
まず、クラッチペダルはとても軽いですね。そしてペダル配置がマツダ独自の哲学によりやや右よりの印象でした。足を放り出したとき、そのままの位置でペダルを踏めるように作りこんであるそうです。初めは多少違和感がありましたが、すぐに慣れてしまいます。アクセルペダルはオルガン式。オルガン式のネガは全く感じませんが、ペダルが奥まっているので街乗りレベルでH&Tはやりにくいかなと思いました。
シフトはショートストロークでカチっとフィール。素晴らしい。ただこの個体なのかロードスターそのものの問題なのか異様に振動していました。マウント系でしょうか。アフターパーツで解決できるならしたいですね。
ドライブポジションはかなりタイト。膝がぶつかってしまいます。こちらもシート交換などで解決できる問題ですが、MR2と比較してもかなり狭い!という印象でした。
ただし、それを補って余りあるオープンの解放感!これぞロードスター!オープンカーの醍醐味。素晴らしいですね。エンジンサウンドも心地よく響きます。確かそうゆうギミックが仕込まれていたはずですね。ぶん回ると怖さを感じない程度の加速感と盛り上がるエンジンサウンド。なんて優しいフィールなんだ。獰猛さが全くなく、車そのものを身近に感じられます。全開性能を落ち着いて堪能できるといった具合です。強烈に速い車はこれが不可能ですし、楽しめるステージはかなり限定的になります。
誰が乗っても幸せになれるロードスター。いやー、素晴らしい。

IMG_2551mb.jpg
次にハンドリング性能。ステアリングは非常に軽いです。もう少し重くてもいいなー。レスポンスも素晴らしく、車重の軽さを感じます。しかし、やや腰高感を感じるのと、かなりロールします。ヒラヒラ動くのですが、一歩間違えればドンブラコと動きます。スピードレンジの低いワインディングでは楽しいけど、高速域はもう少し固めたいかな。50:50の重量バランスがどうとかはよく分かりませんが、少しリア寄りに感じましたね。あとこの車、シートに座ったままリアタイヤを触れます(笑)そういった意味でもリアタイヤに近い印象を受けました。
乗り心地はとてもいい。乗用車的。快適に走れます。
シートの座面が少し高いのでアイポイントも高めです。ボンネットが見渡せます。MR2ではボンネットが先端にかけてスッと低くなっているので、リトラを上げない限り視認できません。その点ロードスターのほうが乗りやすいかもしれませんね。

IMG_2552mb.jpg
ブレーキ性能。可もなく不可もなく。普通のブレーキです。もう少し初期制動と制動力そのものが高いほうが自分好みですね。

IMG_2542mb.jpg
ノーマルでも十分楽しいし、かっこいい。いい車ですね。
収納はかなり制限されますね。助手席にグローブボックスはないし、センターコンソールの収納も容量はとても少ない。財布が入るかな?くらい。
リアの収納も車検証などの書類を入れるとその他が・・。MR-Sより収納少ないのに驚きました(笑)頼りのトランクもタイト。コストコで買い物できなぁーい!!だそうです(笑)
まぁ、S660よりは遥かにマシですが、普段ユースは不便でしょう。しかし、そうゆう車ではなく、走りを楽しむ車。逆にそうしなければこの楽しさは生まれないものだと思います。不便で結構。楽しければいいのです。

IMG_2554mb.jpg
約1時間の試乗でしたが、凄く楽しんじゃいました!これ欲しいかも(笑)

帰りにMR2に乗ると凄く広く感じました(笑)ロードスターのほうが数値上の全幅は広いのですが、室内は狭いですね。でもあの狭さが少なからず一体感に貢献しますね。
あー楽しかった。

以下参照スペック



全長x全幅x全高:3915x1735x1235mm
ホイールベース:2310mm
エンジン:直列4気筒 1.5L「SKYACTIV-G 1.5」
ボア×ストローク:74.5×85.8mm
圧縮比:13.0
最高出力:131ps/7000rpm
最大トルク:15.3kgm/4800rpm
最高回転数:7500rpm
車重:990kg
(S Special Packageは1010kg、S Leather Packageは1020kg。この2グレードに設定されている「i-ELOOP+i-stop装着車」は車重+20kg)
サスペンション (前/後): ダブルウィッシュボーン / マルチリンク
燃費:18.8km/L
タイヤ・ホイールサイズ:195/50 R16 84V「ヨコハマ・アドバン・スポーツV105」・16×6 1/2J

関連記事
  1. 2016/06/05(日) 20:28:05|
  2. 車関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<峠アタック申し込みとメンテナンス | ホーム | その高級車は強い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentazzw30.blog52.fc2.com/tb.php/1854-094c2ca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

☆ケンタ☆

Author:☆ケンタ☆
MR-SからMR2へ乗り換え。
MR2のチューニング、メンテナンス、その他MR2のドライビング等。ミッドシップにしかない魅力、世界観は確実に存在します。
群サイこと群馬サイクルスポーツセンターにて開催される峠アタックにも参戦中。ミッドシップターボで峠を全開で走る。こんな刺激的なことはないでしょう(笑)

前愛車のMR-Sのチューニング・メンテナンス内容、ツーリング他の内容も掲載中。
最近、写真にも凝ってます。Nikon D7200 で撮りまくり!

追記・アウディ TTクーペ 3,2クワトロに乗り換え。
初のAWDを経験中。ミッドシップスポーツ最高という信念を残したままAWDという駆動方式を評価していきます。

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

スポンサードリンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

スポンサードリンク

月別アーカイブ

月別アーカイブ選択

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

☆★ポチっとな♪☆★(⌒▽⌒) 一日一回押すとイイことあるかも(*^-^)ニコ  みんなの力で順位をあげよう!