一生涯ミッドシップスポーツ・・の寄り道?~アウディ・TT~

ミッドシップスポーツに魅せられてしまった☆ケンタ☆のブログ。 気に入った記事には「拍手」ボタンをポチっとな♪ リンクは自由です。http://が禁止ワードになっています。コメントの際は注意してください♪

グリップとドリフト

グリップとドリフト・・・


ドリフトは今、D1グランプリがどんどん有名になってもはや新しいモータースポーツのカテゴリーと言っていいと思います。

ですが、

ドリフトが注目される以前は、グリップ派はドリフトを低レベルと見下し、ドリフト派は普通にグリップで走って何が楽しいといった傾向でしたね。まぁ、アタシから言わせてみればどっちもどっちなんですけどね。一度しかない人生なんだから両方やればいんじゃねん?つーこと。

まず、グリップ派は何故ドリフトを馬鹿にするのか?


グリップで走る場合はタイヤのおいしいトコの狭い領域を丁寧にコントロールして走っていくんです。対して、ドリフトはタイヤの限界よりも下のコントロール幅の広い範囲でコントロールしていくんですよ。コレです。馬鹿にする原因は。限界より遥か下でケツ滑らせて遊んでるんじゃねーよと。

ちがうんだなーこれが。

タイヤの限界域をピンポイントでコントロールしていったらそりゃグリップじゃんかと。限界より下の広い範囲でコントロールするからこそ多彩な動きができるんですよ。常に限界域で走ってたらスペックも違う車同士で追走してたらぶつかっちゃうもんね。勿論、進入などはタイヤの限界ギリギリで突っ込んでいきますけど。


ハイ次、ドリフト派の人達。

いきなりドリフトができると思うな。

逆上がりができないのに、大車輪ができますか?と。

前転ができないのに、前宙ができますか?と。

まずはグリップですよ。

とにかく何事も、基本。タイヤの限界を知る。車の動きを知る。タイヤの限界が来てそれにより自然とドリフト状態にできるようになってくれば、多彩なドリフトができないまでもイメージはできますから。何も分からないのに車を吹っ飛ばしたら命も車もいくつあっても足りません。

以前ドリグリの両刀使いの方が分かりやすいことを言ってくれました。

スピードスケートとフィギュアスケート、どちらかに優劣がありますか?

●グリップ派がドリフトを見下すのは、フィギュアスケートが遅いからやめろと言っているのと同じ。
●ドリフト派がグリップを見下すのは、ただ滑って何が楽しいと言っているのと同じ。


両方とも魅力的なものなんですよ。


タイムをコンマ1秒刻んで行くのも、ぃやっほ~!っとコーナー手前から横向けて行くのも・・。どっちも楽しいものですから。同じ車遊びですから通じるものは沢山あります。引き出しも増えますよー。

毛嫌いしないで遊んでみてください^^
関連記事
  1. 2007/10/09(火) 00:56:43|
  2. 毒舌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レリーズフォークが割れた!? | ホーム | ホットバージョン Vol.89>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentazzw30.blog52.fc2.com/tb.php/462-51b9dce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

☆ケンタ☆

Author:☆ケンタ☆
MR-SからMR2へ乗り換え。
MR2のチューニング、メンテナンス、その他MR2のドライビング等。ミッドシップにしかない魅力、世界観は確実に存在します。
群サイこと群馬サイクルスポーツセンターにて開催される峠アタックにも参戦中。ミッドシップターボで峠を全開で走る。こんな刺激的なことはないでしょう(笑)

前愛車のMR-Sのチューニング・メンテナンス内容、ツーリング他の内容も掲載中。
最近、写真にも凝ってます。Nikon D7200 で撮りまくり!

追記・アウディ TTクーペ 3,2クワトロに乗り換え。
初のAWDを経験中。ミッドシップスポーツ最高という信念を残したままAWDという駆動方式を評価していきます。

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

スポンサードリンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

スポンサードリンク

月別アーカイブ

月別アーカイブ選択

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

☆★ポチっとな♪☆★(⌒▽⌒) 一日一回押すとイイことあるかも(*^-^)ニコ  みんなの力で順位をあげよう!