一生涯ミッドシップスポーツ・・の寄り道?~アウディ・TT~

ミッドシップスポーツに魅せられてしまった☆ケンタ☆のブログ。 気に入った記事には「拍手」ボタンをポチっとな♪ リンクは自由です。http://が禁止ワードになっています。コメントの際は注意してください♪

【ドリフト】 振りっ返し 

ドリフトテクニック・振りっ返し編!
コースでドリフトを繋げていくには不可欠な技!一度ドリフト状態に持ち込めれば大体は感覚的にできるようになってくるとは思うんですが、それじゃアレなんで少し書いてみます。

ドリフト中にアクセルを戻して、リアのグリップが回復してトラクションが戻ると、ハンドルを切っている方向にすっ飛ぶのはここまで来たら経験済みですね。その急激な荷重移動を利用して反対方向にドリフトするのが振りっ返しです。


ざっとやり方を・・。

①ドリフト中、アクセルを戻す。
※アクセルを一定で振りっ返す場合は緩やかなドリフトが決まります。それはそれで鮮やか♪

②リアグリップが戻り、荷重移動が始まる。
※ここでハンドルをすばやく逆方向にカウンターを当てます。遅れるとトルネードスピンです(笑)カウンターをすばやく当てても荷重移動が急激すぎると耐え切れずスピンです。アクセルの戻し具合等で荷重移動量をコントロールしてください。これが重要なポイントかな?経験あるのみです。

③再びアクセルオン。
※アクセルを開けなくても開けすぎてもスピンです。タイミングも重要。振りっ返しで急激に移動した荷重が元に戻り始める前にアクセルを開けます。遅いとドリフトが戻るか、勢いが殺されて迫力が出ません。パワーの無い車はこの勢いを利用してリアを出すのでハイパワー車よりシビアです。アクセル全開でもドリフトが戻りそうならクラッチを蹴ると効果的。ここまででうまく耐え切れればドリフトを維持できます。

④再びドリフトへ。


こんな感じ?とにかく荷重移動を意識することが大切です。スキーのパラレルなんかを思い浮かべてください。タンタンタンとリズミカルに体重移動しますでしょ?それと同じイメージです。
アクセルワークが雑でもダメ。勢いもなくちゃダメ。振りっ返しができるようになればドリフト状態を長時間維持できるので楽しいですよ。テクニック次第で全コーナーつなげるのも夢じゃない!・・そこまで行くにはパワーも重要ですけどね^^;

関連記事
  1. 2009/04/01(水) 03:42:50|
  2. ドリテク論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<遮熱板カット | ホーム | レブスピードのDVD>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kentazzw30.blog52.fc2.com/tb.php/745-9846a8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

☆ケンタ☆

Author:☆ケンタ☆
MR-SからMR2へ乗り換え。
MR2のチューニング、メンテナンス、その他MR2のドライビング等。ミッドシップにしかない魅力、世界観は確実に存在します。
群サイこと群馬サイクルスポーツセンターにて開催される峠アタックにも参戦中。ミッドシップターボで峠を全開で走る。こんな刺激的なことはないでしょう(笑)

前愛車のMR-Sのチューニング・メンテナンス内容、ツーリング他の内容も掲載中。
最近、写真にも凝ってます。Nikon D7200 で撮りまくり!

追記・アウディ TTクーペ 3,2クワトロに乗り換え。
初のAWDを経験中。ミッドシップスポーツ最高という信念を残したままAWDという駆動方式を評価していきます。

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

スポンサードリンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

スポンサードリンク

月別アーカイブ

月別アーカイブ選択

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

☆★ポチっとな♪☆★(⌒▽⌒) 一日一回押すとイイことあるかも(*^-^)ニコ  みんなの力で順位をあげよう!